旭川の木製クラフトメーカー ササキ工芸

ササキ工芸では毎月1回、土曜日の午後を社員勉強会とさせて頂いております。
今回はお取引先様のご協力のもと、企業訪問勉強会とさせて頂きました。

まず、最初に訪問させて頂いたのは当社でも木材を仕入させて頂いている「北日本木材株式会社」様です。

ここでは、海外もしくは国内から丸太を仕入れてきて、丸太から製材といわれる木材の板を生産しています。

当社ではその製材を購入させて頂き木製品の加工を行っていますが、自社の工場内で作業しているとどのように丸太から板になるのか、そして丸太から板にする際に気をつけなければいけないことなど、普段なかなか気が付かないことが実際の現場を見ることで理解できました。

CIMG5083  CIMG5084  IMGP0105

続いて、家具の街あさひかわを代表する家具メーカーの「株式会社カンディハウス」様を訪問させて頂きました。

当社のような木製クラフトの製造工場とは違い、椅子だったりテーブルだったり、いわゆる「家具」を作る工場はとても広く、使用している機械も似たようなものはあっても大きさが違ったり、当社では使わないような機械があったりして、同じ木工加工と言っても違いがあることを改めて認識しました。

ただ、大きな工場であってもコストに関する意識は高く、工場内の機械のほとんどに使用する際に消費される電力や消耗品の金額を表示してあり、無駄なく使うことを意識していることがうかがえました。

また、各工程の天井にはどんな作業をしているかということを簡単ですが記載してあり、工場に入ったばかりの人や見学に来た人たちにもわかりやすくしてありました。

大きな工場でも小さな工場でも整理整頓やコストの意識は大事だということを改めて認識しました。

CIMG5113  CIMG5112  CIMG5111

見学させて頂いた「北日本木材株式会社」様、「株式会社カンディハウス」様、大変ありがとうございました。

Top