旭川の木製クラフトメーカー ササキ工芸

2015年12月5日~14日まで、台湾台北市の大葉高島屋さんで開催された、「第六回 北海道展」に初めて参加させて頂きました!

CIMG4500 CIMG4499
CIMG4470 CIMG4460 

6月に統一阪急百貨店さんで開催された「とっておき北海道in台北」にササキ工芸も参加させて頂いており、そのブースを見た大葉高島屋さんの担当者からお声掛けを頂きました。

年に2回も台湾で物産展に参加させて頂くと思っておりませんでしたが、お声掛け頂いたのも何かの縁と思い参加させて頂きました。

今回は「とっておき北海道in台北」の時には用意しなかったレーザー彫刻機も持ち込んで、より多くのお客様に喜んでいただければと思い、いろいろと準備させて頂きました。

CIMG4465 CIMG4464

立地としては、前回の統一阪急百貨店さんがMRT(地下鉄)の駅に直結していたのに比べて、今回の大葉高島屋さんはMRTの駅からちょっと離れた住宅街にあったため来店者数は少なかった印象です。

といっても、アッパークラスの人たちが生活しているエリアとのことで、デパートの建物の中の中層部分をすべて駐車場にするなど、車で来店いただく方が主な来店者のようで、さらに日系の人たちも多く、日本語で話しかけてくれるお客様もいらっしゃいました。

台湾の人たちは、カッコ良いモノよりかわいいモノが好むようで、フクロウのドアメロディなど可愛らしいものに人気が集まっていました。

また、持ち込んだレーザー彫刻機での名入れ加工も好評で、最初は自分のために名入れ加工したお客様が、後日家族全員分をオーダーしてくれたりしました。

前回の「とっておき北海道in台北」に引き続き、今回の北海道物産展でも、台湾の人にとっては北海道は一つのブランドとして定着していることがうかがえました。

自分たちの作る木製品で、もっと多くの人たちに「喜び」「感動」「安らぎ」を感じてもらえるよう頑張ります。

CIMG4511 CIMG4512
CIMG4513 CIMG4506
CIMG4508 CIMG4510

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。