旭川の木製クラフトメーカー ササキ工芸

ササキ工芸の新たなブランドとして立ち上げた「premics」(プレミクス)の「Loud」(ラウド)シリーズが、2月8日(月)の日本経済新聞の「ご当地 NEW FACE」欄に記事として掲載されました。

「Loud」シリーズはiPhone専用の音声拡張スピーカーで、電源は一切使わずに、Loud本体にiphoneを差し込むだけでモノラルな音を疑似ステレオにして響かせる製品です。

見た目が丸い「Loud R160」は机やテーブル、カウンターなどに直に置くタイプで、置いた場所の天板にも音を反響させることで音の広がりをだします。

それに対し細長い「Loud L250」は、東京の音響メーカー「ケンリックサンド」様と共同で開発した製品で、iphoneのスピーカーから出力される音源の可能性を極限まで引き出すことにこだわり、本体は音の反射も考えながら内部の空洞の形状を計算して加工し、専用の台座には特殊な鉱石の粉末を入れて余計な音の反射をカットする構造にしたり、多くの部品を専用に開発するなど細部にわたりこだわりを持って作り上げたフラッグシップモデルになります。

どちらも現状はネット販売のみとなっておりますが、追って実際の店舗での販売も行う予定になっております。

購入先
Muku工房 オンラインストア
http://item.rakuten.co.jp/mukukoubou/c/0000001786/

CIMG5852
 CIMG4887

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top