旭川の木製クラフトメーカー ササキ工芸

ササキ工芸がお取引させて頂いている金融機関の一つが「留萌信用金庫」さまです。

もともと、ササキ工芸の創業者であり先代の社長が留萌市出身ということもあって、先代のころから長くお付き合いをさせて頂いている金融機関です。

本店は、もちろん留萌市にあるのですが、旭川市にも4店ほど支店があり、その一つの支店とお付き合いさせて頂いています。

信用金庫は、銀行と違って株主が存在するわけではなく、それぞれの地域の利用者が会員となって相互扶助を目的とした金融機関です。

 → 信用金庫とは(一般社団法人 全国信用金庫協会)

本来であれば、会員全員が参加して総会を開催すべきところですが、会員数があまりにも多く、現実的に総会の開催は難しいため、各支店の会員さんを代表する総代を選出し、その総代が集まって総代会を開催することで総会に代えることが出来ます。

 → 総代会とは(ウィキペディア)

留萌信用金庫さまでも、総代会を毎年1回開催し、そこで重要な意思決定をすることになっています。

いろいろな兼ね合いから、若輩者の私がその支店の総代として選出され、留萌信用金庫さまの本店で開催された総代会に出席をさせて頂きました。

各支店から総代は1名というわけではなく、支店の規模などを考慮して1名~複数名の総代を選出しており、会場には多くの総代の人たちが集まっていました。

総代会も、基本的には総会と同じように議題として1年間の業績報告や事業報告などが行われ、滞りなく総代会は終了となりました。

なかなか普段の生活の中では、金融機関さんの業績について詳しく説明を聞くことはありませんので、とても良い経験ができたと思います。

IMAG3406 IMAG3408

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。