旭川の木製クラフトメーカー ササキ工芸

旭川は家具の街、木工の街として全国的にも有名ですが、その旭川で毎年「旭川家具工業協同組合」が主催して大規模な家具の見本市「旭川家具産地展」が開催れていました。

ただ、近年は家具だけでなく木工クラフトや他の産業も全国的に注目されることも多くなってきましたので、このイベントをさらに大きくし、旭川全体を巻き込んだイベントに育てようとの思いから、昨年より名称を「旭川デザインウィーク(Asahikawa Design Week)」に変更して、デザインを切り口に家具だけでなく、木工クラフトやそのほかのモノ作りに関わる人たちが参加できる大きなイベントにするべく動き出しています。

昨年(2015年)が旭川デザインウィークの1回目の開催でしたが、今年は昨年の流れを引き継ぎつつ新たな挑戦を行っていく2回目の開催となります。

CIMG6393

昨年の反省も踏まえ、今回は昨年のうちからプロジェクトをスタートさせ、各家具メーカーから選出されたプロジェクトメンバーが中心となり、準備を進めてきました。

とはいっても、昨年まで行ったことがないプロジェクトをスタートしたり、広域の町村とのコラボだったり、それぞれ仕事の合間を縫っての活動はかなり大変でした。

そして、2016年6月22日(水)~26日(日)の5日間に渡り、旭川家具センターをメイン会場として「旭川デザインウィーク2016」が開催されました!

今年の目玉は、会場の旭川家具センターの入り口にお目見えした世界的な建築家「田根剛」氏によるインスタレーションです。
→ ウィキペディア「田根剛」

「家具街あさひかわ」らしく、木材から部材になり、椅子になる様子を立体空間を利用して表現しています。

もちろん、各家具メーカーのブースでは新作が発表され、多くのバイヤーさんやお客様の目を引いていました。

ササキ工芸はブースの展示も一新し、昨年発表した「premics」も展示させて頂きました。

CIMG6391 CIMG6396

CIMG6397 CIMG6428

CIMG6427 CIMG6398

IMGP1794 IMGP1796

IMGP1799 IMGP1801

CIMG6400 CIMG6408

IMGP1884 IMGP1881

さらに、初日の夜は全国各地から旭川に来ていただいたバイヤーさんやデザイナーさんなどを招待して、オフィシャルパーティーも開催し、多くの人たちに旭川を楽しんでもらえたのではないかと思います。

来年は、3年に一度のデザインフェア「IFDA」開催の年ですので、今年をバネにさらにパワーアップしたイベントにしていければと思っています。

CIMG6431 CIMG6432

CIMG6446 CIMG6448

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top