旭川の木製クラフトメーカー ササキ工芸

「木でつくるコドモといっしょの時間」をテーマに、木工の産地「あさひかわ」の作り手と、主に関東で活躍しているデザイナーがコラボして活動しているブランド「コド木工」があります。

ササキ工芸では「コド木工」さんとの関りはまだありませんが、旭川でコド木工の会議をするタイミングで、コド木工に関わっているデザイナーの皆さんをササキ工芸にお招きし、ササキ工芸の社員向け勉強会でトークセッションを9月30日(金)の午後に開催しました。

会場はササキ工芸の2階にある木工体験室で、参加していただいたデザイナーは、磯野梨影さん(Pear Design Studio)、石田和人さん(Kazuhito Ishida Design Studio)、山田佳一朗さん(KAICHI DESIGN)、古庄良匡さん(FullDesignStudio)、増田多未さん(コド・モノ・コト運営メンバー)の5名と、司会としてササキ工芸のデザインに多くかかわってもらっているゲンママコトさん(デザイン事務所カギカッコ)です。

たぶん首都圏でこのメンバーで講演会を開催したら、参加費を払ってでも参加したいという人たちが多くいるのではないかと思える贅沢なトークセッションをササキ工芸の社員向けに開催してもらいました。

まずは「コド木工」とは何だ!という話から始まり、それぞれのデザイナーの自己紹介や今までやってきたデザインのお仕事などお話していただき、そのあとササキ工芸の社員からの質問に答えてもらうような感じで進めさせてもらいました。

真面目な話も、ちょっと笑いのある話も、いろいろと織り交ぜながら約150分はあっという間の時間でした。

cimg7100 cimg7098

そして、トークセッションの後はササキ工芸の社員もデザイナーも一緒になって、会社のデッキで炭をおこしてBBQ懇親会が開催され、色々な話をさせて頂きました。

なかなかデザイナーさんたちと気軽に話す機会がなかった社員にとっては、とても良い機会になったのではないかと思います。

※残念ながら写真撮影を忘れてしまいました。(-_-;)

こうして、会社の外部の人たちとの交流を通して、いろんな人脈を作り、色んな知識を得て、そして会社の今後に何かつながることが出来れば良いなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top