旭川の木製クラフトメーカー ササキ工芸

こんにちわ、ササキ工芸の佐々木です。

12月は忘年会シーズンということで、私も会社の代表として業界の交流会、異業種の交流会など参加させて頂いておりますので、忘年会のお誘いも多くなる時期です。

先日(12月14日)は、日頃からお世話になっている留萌信用金庫あたご支店の取引先企業が交流を深める親睦会「あたご留信会」の忘年会に参加させて頂きました。

毎年この時期に開催される「あたご留信会」は、クリスマスパーティーも兼ねており、豪華な景品があたる抽選会が用意されています。

今年は、某家電メーカーの掃除機やセラミックファンヒーター、そして新鮮な海産物など、いつもよりさらに豪華な景品が用意されていました。

抽選会では、5位という中途半端な結果となりましたが、エスペリオさんの美味しいチーズとソーセージの詰め合わせが当たり、食べることが好きな私にとってはとても嬉しい景品でした。

  

そして、楽しい忘年会もあっという間に時間が過ぎ、最後に締めの挨拶を私が担当することになりました。

普段は会社の朝礼で、社員を目の前にして話をしておりますが、なかなか人前で話すことには慣れなくて、このような異業種の会で多くの諸先輩の経営者のみなさんを目の前に話をするとなると、さらに緊張します。

事前に挨拶については依頼を受けてましたので、内容を考えてはあったのですが、実際にステージに上がり、皆さんの前に立つと考えていたことも頭から抜けてしまい、事前に考えていたことの半分も話が出来ずに終わってしまいました。

いろいろな異業種の会で、いろいろな人の挨拶を聞く機会がありますが、年齢に関係なく、素晴らしい挨拶をしている人は多くいらっしゃり、そういう人たちと比べると自分の不甲斐なさを感じてしまいます。

たぶん、挨拶の上手な人は、普段から人への物事の伝え方も上手な人なんだと思います。

私も伝えることがもっと上手になるよう、人前での挨拶ももっと上手にできるよう、日々精進していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。