旭川の木製クラフトメーカー ササキ工芸

昭和45年(1970年)、アジアで初めて技能五輪国際大会が日本で開催されたのを記念して、開会式が行われた11月10日を「技能の日」に定めています。

この技能の日には様々な分野で活躍している職人の技能をたたえるイベントが全国各地で開催されており、旭川市でも毎年11月10日の前後で「技能をたたえる集い」が開催され、地元の企業で働く職人さんの功績を称え表彰しています。

今年は11月16日(水)に開催され、当社で10年に渡り木工加工の作業をしている女性スタッフが「旭川市中堅技能者」として表彰されました。

彼女はもともと北海道に住んでいたわけではなく、縁があってササキ工芸へ入社することになり、それを機に旭川に移住してきたスタッフです。

以前から木製品作りに興味があったということで、入社以来ずっと工場内での作業に関わって頂いています。

慣れない土地で生活をしながら、朝から晩まで工場の中で木製品加工に従事することは、とても大変だったと思いますが、この10年間はひたむきに頑張ってくれました。
これからは引き続き技術の向上に努めるだけでなく、後輩の指導も頑張ってくれればと思っています。

10年間ありがとう!
そしてこれからも宜しくお願いします

  

旭川市中堅技能者表彰@技能をたたえる集い」 に1件のコメント

  1. […] に「旭川中堅優秀技能者」として表彰を受けたことは、以前のブログ「旭川市中堅技能者表彰@技能をたたえる集い」で報告させて頂きましたが、その表彰を受けたことで取材のお声がか […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top