旭川の木製クラフトメーカー ササキ工芸

みなさんこんにちわ!

ササキ工芸の代表を務めている佐々木です。

さて、今回は沖縄に行ってきたお話です。

40年以上生きていますが、まだまだ日本国内でも行ったことが無いところが沢山あり、沖縄もその一つでした。

いずれ行ってみたいとは思っても、なかなか実行できずにいたいのですが、子供が3歳になると飛行機の料金がかかってくるということで、まだ2歳のうちに家族で行ってこようと考え、2016年から2017年にかけての年末年始に沖縄へ家族で行ってきました。

こちらは北海道、そして行先は沖縄。

冬の時期は、温度差や周囲の景色の違いがとても顕著な時期で、旭川では周りに雪が積もり、気温もマイナス15度ぐらいまで下がる時期に、沖縄には雪はまったくなく気温も20度前後と、温度差が35度もあります。

残念ながら地元旭川空港から沖縄の那覇空港までの直行便はないので、羽田経由での旅行となりました。

年末も差し迫った12月30日(金)の午前中に旭川を出発し、羽田空港で乗り継いで午後3時には沖縄到着!

旭川を出発した時に来ていた冬用のコートはスーツケースにしまい、3泊4日の沖縄観光がスタートしました。

事前に情報を調べ、今回の沖縄旅行では、話題の「沖縄美ら海水族館」をメインとしながら、沖縄のきれいな景色を見たいと考えていました。

驚いたのは、沖縄では年末年始でも観光施設が普通に営業しているとのことで、沖縄では観光が重要な産業の一つだというのを実感しました。

那覇空港到着後、移動に便利なレンタカーを借りましたが、空港のゲートを出るとレンタカー会社が多くのお客様をピストン輸送して、それぞれのレンタカー会社の敷地へ案内していました。

私たちもほどなくレンタカー会社のバスでレンタカー会社の敷地まで移動し、レンタカーの受付。

今回は日産のコンパクトカーを借りました。

到着した日はすでに夕方で、あまり観光もできないので、翌日の大晦日に訪問する予定の「沖縄美ら海水族館」近くの宿に向けて、早速移動開始。

高速道路を使って移動ですが、ほんの数時間前には真っ白な雪の中に居たのに、今はまったく雪のない景色の中を車で走行。

快晴までとは言えませんが、ところどころ晴れ間も見える穏やかな天気の中、ひたすら北上し、高速道路の終点「許田」まで走りました。

高速道路を降りてから「道の駅 許田」へ寄って一休み。

実は、この「道の駅 許田」では「沖縄美ら海水族館」の入場券が割引価格で販売されているので、ここで「沖縄美ら海水族館」の入場券を事前購入。

ついでに物産センターで、まだ沖縄についたばかりですが沖縄のお土産もいくつか購入させて頂きました。

  

その後、宿泊先のホテルに向かい、無事にチェックイン。

今回の沖縄旅行では3泊しますが、観光する場所に合わせてすべてホテルは違うホテルを予約しました。

初日の夜は「センチュリオンホテル 沖縄名護シティ」というホテルで、まだ昨年オープンしたばかりの新しいホテルです。

新しいホテルなので、レンタカーのナビでは表示されず、住所を手掛かりにホテルに向かうと、結構大きな通りの近くなのですぐにわかりました。

新しいホテルだけあって、外観もホテルのお部屋もキレイですっきりしていました。

夕食はホテルのスタッフに聞いて、名護市民もおすすめという近くの居酒屋「ゆきの」を訪問させて頂き、沖縄料理を堪能♪

こうして、沖縄の初日は終了。

いよいよ翌日は沖縄旅行のメインの一つ「沖縄美ら海水族館」訪問です!

続きはこちら → はじめての沖縄旅行 その2
 

 

はじめての沖縄 その1」 に2件のコメント

  1. […] 1日目についてはこちら → はじめての沖縄 その1 […]

  2. […] 1日目についてはこちら → はじめての沖縄 その1 2日目についてはこちら → はじめての沖縄 その2 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top