旭川の木製クラフトメーカー ササキ工芸

こんにちわ、ササキ工芸の佐々木です。

先日、旭川発明協会主催の知的財産普及セミナーが開催されたので参加してきました。

今まで、知的財産というと、手続きが面倒くさいとか、お金や時間がかかるだけとか、いろいろな理由をつけて避けてきた話題です。

たまにテレビで商標登録とか何とかで、ニュースに取り上げられているのを見ても、大企業の話かと思ってました。

それが、ここ最近は知的財産の重要性が認知されるようになり、特に海外へ向けて進出しようとしている企業にとっては避けて通れないテーマになってきているようです。

別に、商標で儲けようなんて思ってないから必要ないと思っていても、実は別の人が悪意を持って自分が使っているブランド名や商品名を商標登録されてしまうと、それを使うことが出来なくなってしまい、場合によっては企業の営業活動に大きな支障をきたすこともあるようです。

ですので、自分たちの権利を守る点からも商標を含め、知的財産権についてはしっかりと対応すべきと改めて感じました。

国としても日本のモノ作り産業を支えることに力を入れていますので、知的財産権に関してはさまざまサポートをして頂く仕組みがあるそうなので、それをうまく活用すると費用や手続きの負担が少なく済む場合もあるようです。

そのあたりはしっかりと調べて、相談しながら手続きを進める必要はあると思いますが、私たちのような中小零細企業でも他人ごとではないことを認識していかないと、思わぬ落とし穴にはまってしまうかもしれないですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。