旭川の木製クラフトメーカー ササキ工芸

昨今の出生率の低下と人口減少に伴い、だんだんと仕事の供給と需要のミスマッチが起きつつあります。

ササキ工芸でも、若干の人手不足を感じており、中途・新卒関係なく採用の窓口を開いていますが、なかなか厳しいのが現状です。

そんな中、他の企業さんも人材確保について悩んでいるようで、ハローワークと旭川市、北海道上川総合振興局が合同で高校生向けの企業説明会を開催すると案内を頂いたので参加してきました。

対象となる高校生は、旭川市内を中心に、上川総合振興局が管轄している上川管内の高校の2年生(4月から3年生になる生徒)でした。

会場には、ずらーっと企業さんの採用担当もしくは代表者の方が大勢来ていて、高校生採用に積極的な企業がいかに多いか感じました。

午後から説明会が始まり、5名~10名程度の生徒さんに、自社の説明などさせて頂きましたが、まだ2年生ということもあり、実際に働くという実感はまだ薄かったように思います。

それでも、数名の生徒さんは真剣に話を聞いていて、質問などもしてくれました。

だいたい30分程度の説明を5回に分けて行いますが、会場は他の企業さんの説明などもあり、そこそこざわついていたので、生徒さんに聞こえるよう自然と大きな声になってしまい、終わるころにはのどがカラカラになっていました。

今回の説明を聞いた生徒さんで、1名でも2名でもササキ工芸で働くことに興味を持ってくれると嬉しいのですが、どうなることか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。