旭川の木製クラフトメーカー ササキ工芸

毎年この時期になると、ササキ工芸が所属している「北海道中小企業家同友会 道北あさひかわ支部」が主催して「どうゆう名店街」が開催されます。

同友会は地元の企業が所属している異業種交流会なので、地元の人たちにもっと地元企業のことを知ってもらいたいということでスタートしたこの「どうゆう名店街」も今年で7回目を迎え、ずいぶんと定着したイベントになってきたと思います。

今年は7月30日(日)が開催日に設定され、たった一日だけの開催ですが、約30の企業・団体が出店してくれました。

当日は心配された天気も快晴に恵まれ、朝から多くの人たちが「どうゆう名店街」に来てくれて、大変賑わいのあるイベントになりました。

私も微力ながら、同じ同友会の仲間と共に、揚げた鳥皮やチャップ丼、そしてかき氷を販売しながらイベントに参加させて頂きました。

さらに、例年通り実行委員の一員として、朝の搬入作業から夕方の搬出作業まで手伝わせていただき、イベントを企画・準備することの大切さも学ばせて頂きました。

また来年もきっと開催されると思いますので、微力ながらお手伝いできればと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。