旭川の木製クラフトメーカー ササキ工芸

全国的に見ると、七夕といえば7月7日ですが、北海道では1ヵ月遅い、8月7日に七夕を行うところが多いです。
※北海道全域で8月7日に開催するのではなく、7月7日に開催する地域もあるようです。

なぜ7月7日ではなく8月7日かというと、諸説あるようですが、もともと七夕は旧暦(太陰暦)の7月7日に開催していて、現在の新暦(太陽暦)に変更になった際に、旧暦の7月7日に合わせるため、8月7日と決めたようです。

それから、北海道の学校の夏休みは短く、だいたい7月下旬から8月中旬までなので、8月7日が七夕だとちょうど夏休み期間中なので、子供たちが参加しやすいというのも8月7日で定着した理由の一つのようです。

あと、全国的なイベントかと思っていたら、北海道の限られた地域だけのイベントのようですが、「ロウソク出せ」(ロウソクもらい)という行事も同時に開催されます。

内容は、日本版のハロウィンのようなイベントで、子供たちが近所の家を訪問し「ろーそくだーせー・・・・」と歌いながらお菓子をもらう行事です。

私が育った地域ではそのようなイベントは無かったのですが、現在の町内会では「ロウソク出せ」を今でも行っていて、各家庭で子供たちのためにお菓子を用意して待っていたりするようですが、年々参加する子供たちも減ってきて、折角用意したのに子供たちが来てくれないなんてこともあるようです。

そんなことで、私たちの住んでいる町内会でも8月7日に七夕・花火大会のイベントを行い、近所では子供たちが「ろーそくだーせー・・・・」と歌っている声が聞こえてきました。

そして、これが北海道の短い夏を感じる瞬間でもあります。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。