旭川の木製クラフトメーカー ササキ工芸

私は普段からタバコは吸わないのですが、社員や友人で喫煙している人は何人か居ます。

それぞれの趣味趣向だから、喫煙に関して良いとか悪いとかは言いませんが、狭い空間でタバコを吸われると臭いが服や体についてしまうのが気になります。

ここ最近は、加熱式タバコなるものが登場し、少しずつタバコの代替品として広がっていますが、加熱式タバコであれば、それほど臭いも気にならず、喫煙者が全員加熱式タバコを吸ってくれると良いなと個人的に思っているところです。

現在は主に3種類の加熱式タバコが販売されているようで、今の加熱式タバコのブームを作ったのが「IQOS」(アイコス)で、ここ最近全国各地で購入できるようになった「glo」(グロー)、そしてまだ全国展開していませんが、オンラインでも購入できる「Ploom TECH」(プルームテック)があります。

それぞれの特徴は、それぞれのwebサイトにて確認してください。

「IQOS」(アイコス)
「glo」(グロー)
「Ploom TECH」(プルームテック)

冒頭でも書いた通り、私はタバコを吸わないので、どれが実際のタバコに近いのかはわかりませんが、見た目としてスマートなのは「Ploom TECH」(プルームテック)かと思います。

そんな話を会社のスタッフとしていたら、そのスタッフが購入してみたいとのことで、東京出張の際に「Ploom TECh Shop」へ行って購入してみることになりました。

「Ploom TECH」の購入に関しては、店頭に行って「これください」といって購入できるのではなくて、事前にwebサイトで予約してから店頭に行かないと購入できないとのことなので、事前登録して銀座にある「Ploom TECh Shop」へ行ってきました。

お店の立地が銀座という高級店が立ち並ぶエリアで、店内の雰囲気ももはやタバコを買うという感じではなく、厳選された逸品を購入するような感じです。

お店に入ると予約してますか?との声がけがあり、予約確認番号を伝えると受付終了。

番号の書いてある札をもらい、少し待っていると番号を呼ばれカウンター席へ。

そこで、「Ploom TECh」とご対面。

もろもろ説明を受けて、内容を確認してからお支払い、そして受け取りとなりました。

「Ploom TECh」本体とは別にカートリッジと呼ばれるものを購入し、それを本体に差し込むことで使用可能となります。

カートリッジは交換式で、ある一定回数利用すると新しいもと交換して使うとのことです。

購入した会社のスタッフがさっそく隣で吸ってみたところ、ほとんど臭いがなく、気にしていなければ吸っていることすらわからないかもしれません。

味は本物のタバコとは違うけど、慣れればそれなりにという感じのようです。
(そのスタッフの個人的な感想なので、私にはよくわかりませんが、、、)

まあ、まだまだ本物のタバコと比べると普及率は低いですが、今後はこうした加熱式タバコが主流になっていくのではないかと思うし、タバコを吸わない人からすれば、加熱式タバコが主流になってくれたほうが嬉しいですね。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。