旭川の木製クラフトメーカー ササキ工芸

今年も1月7日に旭川青年会議所(旭川JC)の新年交礼会と卒業式が開催されました。

以前のコラム(旭川青年会議所の新年交礼会と卒業式)でも書きましたが、青年会議所は世界にネットワークのある団体で、日本全国各地に地域に根差した活動をしている各地域のJCがあります。

旭川JCは日本国内で7番目に承認された地域JCですので、1月7日を記念日として、毎年曜日に関係なくこの日に新年交礼会と卒業式を行う伝統があります。

新年交礼会には、地元地域の行政関係者、他の地域のJC関係者、そして旭川の現役JCメンバーと、卒業したシニアJCのメンバーが参加して開催されます。

青年会議所の事業年度は、1月1日から12月31日となっており、1月7日の新年交礼会でその年の新しい理事長が参加者に向けてしっかりと自己紹介とあいさつ、そしてその1年でどのような活動を行っていくのかを発表する場となっています。

新しい理事長にとっては、毎年一番緊張する場面なのではないかと思います。

今年の理事長は岩井君で、私が旭川青年会議所に入会した時に一緒に入会した「入会同期」の仲間です。
年齢は自分よりもかなり若いですが、考え方にしっかりと芯があり、間違ったことは間違っているとちゃんと言える人なので、理事長という重責のある役職を最後まで全うしてくれることと思います。
岩井君、頑張って!

新年交礼会のあとは卒業式 → 旭川青年会議所 卒業生を送る夕べ2018

 

 

旭川青年会議所 新年交礼会2018」 に1件のコメント

  1. […] 新年交礼会についてはこちら → 旭川青年会議所 新年交礼会2018 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。