旭川の木製クラフトメーカー ササキ工芸

地震の影響について

今年も植樹の季節がやってきました。

今回は5月13日(日)に開催され、例年通りササキ工芸は社員全員で参加してきました。

あいにく当日は朝から小雨が降り注ぐ中での植樹祭となりましたが、みなさん雨に濡れながらもミズナラの苗木を1本ずつ丁寧に植えてきました。

例年であれば、植樹の後にみなさんでジンギスカンを食べながらのランチがあるのですが、今年は雨が降っていたため9時30分から始まった植樹祭も11時には植え終わり、全員で記念撮影をして解散となりました。

毎年数千本というミズナラの苗木を植えていますが、50年、100年もの長い期間で生き残るのは10%ぐらいなのかもしれません。
それでも自分たちが植えた苗木が、しっかりと根を張って大きく成長して、私たちの孫やひ孫の時代に有効活用されると嬉しいですね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。