旭川の木製クラフトメーカー ササキ工芸

今年のADW2019でも各家具メーカーの工場展示が面白かったです。

昨年に引き続き、大雪木工さんは木材倉庫を使った展示や、ツキ板工場では昨年の素材展のダイジェスト版の展示を行っていました。

 

 

WOOD WORKさんでは、工場内に作業風景の写真を飾り、工場全体を展示会場として見せることを意識した展示になっていてとても面白かったです。
岡村社長に聞いたところ、社員自ら進んで展示に協力してくれてい、思っていた以上の出来になったとのことで、社風の良さが感じられました。

 

 

 

今年初めて製材会社「昭和木材」さんの倉庫の一部を使って、岡山県のアカセ木工さんがマスターウォールのポップアップショップを展開してくれました。
日本全国でいろいろな家具の展示会やイベントがあるなか、ADW2019にわざわざ遠く岡山から参加してくれたのは嬉しいですね。

 

 

他にも各メーカーが趣向を凝らした展示をしていましたが、残念ながらすべてを回ることができませんでした。
ADWのスタート時から比べると、年を重ねるごとに各メーカーでの展示がより進化しており、来年はさらに進化した展示を見れるのではないかと、今から期待も膨らみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。