旭川の木製クラフトメーカー ササキ工芸

2018年の年末にTPP11が発効して1年が経ちました。

徐々にいろいろな方面で良くも悪くも影響が出てきているようです。

ただ、メディアの報道が若干偏っていることもあり、悪い影響の部分に焦点が当てられているように思います。

そんな中、在日カナダ大使館主催でTPP11(カナダではCPTTP)についてのセミナーが12月9日に開催されましたので、旭川カナダ協会の会員として参加させて頂きました。

今回は、カナダ大使館に勤務するリサ・マリン一等書記官がわざわざ来旭してお話ししてくれました。

TPP11は、関税撤廃という経済的に効力を発揮する部分もありますが、それだけではなくこの協定を通して文化的な交流も深め、より強固な関係を築いていくことが期待されています。

旭川市としてはカナダの都市と姉妹都市提携しているところはありませんが、近隣町村では各都市と姉妹都市提携を結び、北海道も1980年からアルバータ州と姉妹州県として提携していて、積極的な交流をしています。

旭川カナダ協会としても、こうした交流を深めることでカナダの都市と旭川が姉妹提携できる日がくることを期待しています。

私も近いうちに久しぶりにカナダを訪問してみたくなりました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。