旭川の木製クラフトメーカー ササキ工芸

北海道のオホーツク海岸側にある、雄武町(おうむちょう)に「日本の日の出を迎えるホテル」として「ホテル日の出岬」があります。

オホーツク海に面した場所に立っているため、天気が良ければ日の出がバッチリ見ることができるホテルなので、毎年、年越しをホテルで過ごし「初日の出」を見るお客様で12月31日は忙しいようです。

その忙しい時期をちょっとだけずらして、1月2日から1泊で「ホテル日の出岬」へ行ってきました。

天気は荒れてはいなかったのですが、海沿いだけあって風はとても冷たくて強かったです。

折角だから日の出を見たいと思い、到着した2日は美味しい料理を食べ、温泉につかってから早めに就寝。

翌朝は、日の出の時間をスマホで調べて、15分ぐらい前からホテル内にある屋内展望台で待機。

若干雲がかかっていましたが、何とか見れるかと思っていたのですが、雲がかかっているところから日が昇ったようで、地平線から日が昇る瞬間は見ることが出来ませんでした。

それでも、雲の合間から差し込む日の光はとてもまぶしく、すがすがしい気持ちになりました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。