旭川の木製クラフトメーカー ササキ工芸

もう20年以上前になりますが、地元旭川にある「旭川大学」に私も通学していました。

当時は部活とバイトでそんなに勉強した記憶がないのですが、何とか無事に4年で卒業できました。

今思えば、もっと大学で勉強しておけばよかったと思う部分もありますが、それは社会人になっていろいろと社会の仕組みが分かったからこそ感じるとこなのかもしれません。
もちろん、大学4年間が無駄であったわけではなく、大学に通ったからこそ経験できたこともたくさんあるし、そこで出会った友人や先輩・後輩も今ではとても大切な人たちです。

卒業してからしばらくは、旭川大学に行くことはほとんどなかったのですが、数年前に同期の友人から推薦を受けて旭川大学同窓会の役員になったことで、年に何回かは大学へ行くことなりました。
といっても、会議に出席のためなので大学内を見て回ることもなかったのですが、今年は大学が50周年を迎えるということで、多くの卒業生に声をかけて、今の旭川大学を見てもらう「ホームカミングデー」が企画されました。

私も久しぶりに大学内を見てみたいし、今の大学生がどのような活動をしているのか知りたいと思い、参加させて頂きました。

開催されたのは、9月21日(土)の午前11時から午後2時までです。

まずは、一番大きな講義室に集まり、現役の旭川大学生たちによる部活や活動紹介をしてもらいました。
チアリーディングやブラスバンド、よさこいソーランなど、ステージ上で素敵なパフォーマンスを披露してくれて、会場も盛り上がりました。

その後、お昼は在学生がゼミで考えた美味しい「旭川ラーメン」を食べさせて頂き、午後からは大学内を見学させて頂きました。
短い時間でしたが、今の旭川大学をいろいろと知ることが出来、とても楽しい時間でした。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。