旭川の木製クラフトメーカー ササキ工芸

2011年の東日本大震災からもう間もなく丸7年が経過しようとしていた2月末に大きな被害を受けた岩手県陸前高田市を訪問してみました。

レンタカーで走ってみると、街のあちこちで復興に向けた作業をしているなか、震災当時のままでポツンと立っている学校跡を見つけました。
陸前高田市立気仙中学校の跡地です。

まだ建物はそのまま残っていますが、3階部分までガラスは割れており、中身はほぼ何もなく、当時はその高さまで津波が押し寄せてきたこと、そして津波の怖さを伝えてくれています。

一日も早い復興を願いながらこの地を後にしました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。