旭川の木製クラフトメーカー ササキ工芸

旭川は全国的に見ても家具産業の盛んな街であり、旭川市だけでなく周辺の東川町や東神楽町でも多くの工場・工房で家具作りが行われています。

それぞれの工場や工房で作られている家具は、それぞれの工場や工房の特徴が出ていて、熱狂なファンがついている工場や工房も有ります。

ただ、あまり旭川家具を知らない人にとっては、どれがどうちがうのかわからず、どこの工場や工房で家具を買っていいのかわからない。
そんな悩みを解決することと、旭川家具の魅力をもって多くの人に知ってもらいたいということで、旭川とその周辺の家具メーカーが40社以上所属している「旭川家具工業協同組合」が運営する「旭川デザインセンター」が旭川にあります。

旭川デザインセンターには30社を超える組合員の家具が、それぞれの工場・工房ごとのブースに展示されているのですが、せっかく1か所に多くの家具メーカーの家具が集まっているので、それぞれのブースで展示するだけでなく、旭川デザインセンターのスタッフが家具メーカーの垣根を超えたコーディネートを提案する共有展示スペースも用意してあります。

その共有展示スペースでは、春夏・秋冬の年2回に分けてテーマを設定したコーディネートをしています。

今年の春夏のテーマが9月に終わり、10月からは秋冬のテーマがスタートしました。

今回は「WINTER ROOM TOUR」(ウィンタールームツアー)と設定して、趣向の違う5つの部屋を用意し、そこに合う家具をコーディネートして展示しています。

明るい部屋から落ち着いたシックな感じの部屋など雰囲気が違ってとても楽しい展示となっています。

それから旭川家具でよく使われている樹種の説明するエリアもあったり、北欧のルイスポールセンやフロスの照明器具の展示も始まりました。

見るだけでも楽しめる空間ですので、ぜひお立ちより下さい。

会  期:2021年10月6日(水)~2022年3月13日(日)
営業時間:10時~17時 (毎週火曜日定休、年末年始休館)
会  場:旭川デザインセンター 北海道旭川市永山2条10丁目1-35
詳細はこちら → 旭川デザインセンター

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。